品川区でオススメの注文住宅を扱う業者紹介

品川区で注文住宅を建てる場合、どこに依頼したらよいか迷うものです。住宅を建てる会社は多く、それぞれの会社にどんな特徴があるのか、簡単にはわからないものです。住宅を扱う会社を大きく分類すると、大手住宅メーカー、工務店、不動産デベロッパーがあります。それ以外に、設計事務所がありますが、設計事務所は工事を行いません。不動産デベロッパーは主に土地の販売を目的とした建売住宅の分譲を行います。注文住宅の依頼先としては、大手住宅メーカーと工務店が考えられます。大手住宅メーカーのほとんどは、都内で営業拠点を持っています。在来工法、2×4工法、軽量鉄骨プレハブ工法など、それぞれに得意の工法を持っています。工務店は地元に根を張っていて、特定のエリア内で仕事を行います。

先端の技術で安全を担保する大手住宅メーカー

大手住宅メーカーの建てる住宅には、最先端の技術が用いられています。大手住宅メーカーは研究開発に多くの資金を投じています。2×4住宅のメーカーでは、何度も大地震に襲われても、倒壊しない住宅をつくり上げました。他のメーカーでも、独自の技術で耐震性を高めています。大手住宅メーカーが建てる住宅の弱点は、屋根を含めた建物の耐久性です。屋根材として多用されるカラーベストやアスファルトシングルは長持ちせず、頻繁な塗装替えが必要となります。建ててからしばらくの間は高い耐震性を示す2×4住宅も、主要構造部は合板を張り合わせたパネルです。釘の腐食によりパネルの強度は年々低下していきます。品川区で大手住宅メーカーを選ぶ場合は、長持ちしない住宅であることを知った上で決める必要があります。

耐久性とメンテナンスで優れる工務店が建てる家

大田区で注文住宅を建てる場合の選択肢に工務店があります。工務店を選ぶ場合は品川区が地元の工務店か、東京を地元とする広域的な工務店があり、どちらを選んでもかまいません。工務店のデザイン力や技術力に心配がある場合は設計事務所に設計を依頼し、工事の監理もしてもらうと、欠陥住宅を建てるリスクがなくなります。工務店は優秀な大工や職人をかかえ、独自で工事を行う組織です、木造軸組み工法を用い、日本の伝統的な技術が生きています。耐震性を高めるために、床の剛性を高め、壁に耐震ボードを張るなど、耐震性を高める工夫をしています。床には無垢のフローリング、壁には珪藻土や漆喰を用い、健康的な住まいを建ててくれます。工務店とは長い付き合いができ、補修や増改築が必要な時は心強い存在となってくれます。