品川区で注文住宅を建てる予算の組み方を説明します

品川区で注文住宅を建てる場合、予算の仕組みを知ることが大切です。予算の立て方は、大手住宅メーカーと工務店で異なります。大手住宅メーカーは標準的なタイプをつくり、価格を事前に決めています。それに対して工務店は標準的なタイプを持たず、予算は工事ごとの積み上げ方式です。住宅の価格がわかりにくいのは、日本独特の工事方式にあります。大手住宅メーカーにおいても、自社で職人を雇用することはなく、工事は工務店に一括で外注するか、或は、工事の種類ごとに職人に外注します。住宅全体の価格は、外注費や発注した材料費を合計したものに、元請け会社の会社経費を加えて求められます。外注先との協力関係がなければ工事は行えず、予算の中で外注費の占める割合が多くなり、なかなか予算が決まらないことになります。

建築工事の複雑さと予算の仕組み

品川区で注文住宅を建てるためには建築工事の複雑さを理解する必要があります。建築工事はいくつかの工程に分かれます。地盤が弱い場合は地盤改良工事が必要です。値切りをする土工事、基礎をつくる基礎工事はどんな住宅でも必要となります。木造の場合は柱や梁により躯体をつくる大工工事が必要で、2×4工法ではパネルの製造と現場での組み立て工事が必要となります。軽量鉄骨プレハブ工法でも鉄骨の生産、現場での組み立てが必要です。躯体が建ち上がると屋根や外壁、サッシ、断熱材の工事が始まります。同時に設備の配管工事も行われます。その後に屋根工事、外壁工事、内装工事へと進み、設備機器の取り付けが行われます。住宅建築の予算はこれらの工事の費用に加え、現場監督の費用や会社の経費が加えられ、最終的な工事費が決まる仕組みです。

低価格の住宅を建てるために必要なこと

品川区で注文住宅を建てる場合は、予算を低価格で納める必要も出てきます。予算を低く抑えるためには、要点を踏まえた対策が必要です。低価格を売りにしている住宅メーカーで建てる場合は、なるべく変更を行わないことが大切です。工務店など、一品生産で建築を行う場合は、工事種別ごとの節約が必要となります。住宅を建てる場合は通常、910mmのモデュールを用います。それ以外の寸法を用いると、材料費が高くなります。注文住宅で設備機器を決める場合、特定のメーカーの特定の製品を指定すると工事費が高くなります。施工会社には普段から付き合いのある設備会社が存在し、その会社の製品を使うことで、卸値を安くしてもらっています。設備機器は工務店や住宅メーカーのお勧めの物を使うのが得策です。棚などの造作工事を本体工事に含めると高くつきます。あとで設置が可能なものは工事後に行い、本体工事に含めないことが予算を安く抑えるコツです。